妊娠の継続が難しいと思った方へ(無痛人工妊娠中絶術)

妊娠初期
術後ケア・避妊相談
妊娠中期
術後ケア・避妊相談
同意について
入院中の面会

一人で悩まずにご相談ください

当院ではさまざまな事情により妊娠の継続が難しいと思った方のご相談を受けております。
妊娠していることが判明し、かなり困惑されたことと思います。
そんな時は一人で悩まずに当院にご相談ください。お話しをお伺いし適切なアドヴァイスをいたします。
日々お腹の中の胎児は成長します。

悩んだらできる限り早めのご来院ご相談をお勧めします。
また、特別の事情がある方は遠慮なくお申し出下さい。

人工妊娠中絶術における当院の方針(妊娠初期:妊娠11週まで)

健康的事由等によりやむを得ず妊娠の継続が困難な場合に人工妊娠中絶手術を施行する際は、県医師会から指定を受けた「母体保護法指定医」により行われることが法律で定められています。
当院では母体の安全を第一に考え、充実した設備の下、産科経験豊富な「母体保護法指定医」による手術を行っております。

一般に中絶手術は前処置や術後に痛みを伴いますが、当院では極力痛みを軽減するプログラムを採用し、精神的にも安心できる工夫をし、子宮に負担の少ないやさしい方法で行なわれます。
手術は静脈注射による全身麻酔で行い、眠っている間に手術は終わりますので安心して下さい。
また当院での手術は充実した設備の整った手術室で安全な環境下に行われることはもちろん、入院設備も整っており、術後もゆったりと体調を回復することができます。

人工妊娠中絶手術(妊娠11週まで)の流れ

Step1 予約

電話で初診の予約を取ってください。

レディスクリニック フォレスタヴェルデ

受付時間 月~金 9:00~17:00

Step2 診察・検査・カウンセリング

予約日に来院していただき、超音波検査で妊娠週数の確認を行います。診察後に妊娠を継続できるかどうか相談します。

妊娠継続が難しいとされた場合に限り、適切な手術時期、手術の内容、入院日等を説明し、ご理解いただいた後に入院の予約および術前チェックのための血液検査を行います。

※入院の日程、日数はよく相談した上で決定しますのでご安心ください。
※特別な事情がある方はお知らせください。

Step3 入院・手術

入院日は午前中に来院します。
再度妊娠の様子を確認した後、子宮口を広げる処置をします。処置の痛みはほとんど無いかわずかなので安心して下さい。

処置の後は手術の時間まで病室で安静をとります。
手術前は水分を含め飲食はできません。

午後手術室に移動し、手術直前に麻酔前投薬を注射後、全身麻酔で手術を行います。
眠っている間に手術を行いますので痛みはありません。
ただし術後に子宮の収縮に伴う生理痛様の痛みが出る場合があるので、その際は痛み止めのお薬を使います。
また麻酔の影響の吐き気・おう吐も少なくなるよう工夫しています。
手術当日は、子宮の回復および出血の状態を確認するため、入院して様子を観察します。

Step4 退院

翌朝、全身状態および子宮の回復、出血の状態を確認し、問題なければ退院となります。

Step5 経過診察

退院後は1週間以内に受診していただき、術後の状態を確認します。
術後は基礎体温の測定をお願いし、ご希望の方には子宮やホルモンバランスの安定を待ち、子宮内避妊器具挿入や低用量ピルを処方します。

術後ケア・避妊相談

術後は子宮や卵巣の状態を確認するためのチェックを行います。
また、ホルモンバランスの不調が起こらないよう精神的身体的フォローを十分に行います。
そして私たちが切に願うことは、再び継続できない妊娠を繰り返さないことです。

そのためには避妊に対する知識をしっかりと持たなければなりません。
ご希望の方にはしっかり指導をさせていただき、また子宮内避妊器具(IUD)や低用量ピルなど避妊に対するフォローもさせていただきます。

人工妊娠中絶術における当院の無痛法(妊娠中期:妊娠12週以降)

妊娠11週までの中絶は静脈麻酔による短時間手術で痛みなく終えることができますが、妊娠12週以降の中絶は分娩と同様の方法が必要になります。

特に妊娠16週以降の中絶は中期中絶といい処置にも時間を要し、さらに分娩同様の痛みを伴います。

精神的に辛い上に、強い痛みに長時間耐えなければならないことは身体的にもかなりの負担となることが予想されます。

当院ではそうした負担を軽減するため、ご希望により無痛法による中期中絶手術を採用しています。
この方法により痛みに対する負担が著明に軽減し、通常より早期に体力の回復を迎えることが期待できます。※詳細は診察時にご説明いたします。

Step1 予約

電話で初診の予約を取ってください。

レディスクリニック フォレスタヴェルデ

受付時間 月~金 9:00~17:00

Step2 診察・検査・カウンセリング

予約日に来院していただき、超音波検査で妊娠週数の確認を行います。
その後に妊娠を継続できるかどうか相談します。
妊娠継続が難しいとされた場合に限り、適切な手術時期、手術の内容、入院日等を説明し、ご理解いただいた後に入院の予約および術前チェックのための血液検査を行います。
※入院の日程、日数はよく相談した上で決定しますのでご安心ください。
※特別な事情がある方はお知らせください。

Step3 入院・手術

入院日は午前中に来院します。再度妊娠の様子を確認した後、子宮口を広げる処置をします。処置の痛みはほとんど無いかわずかなので安心して下さい。
処置の後は病室で安静をとります。妊娠週数と子宮口の状態に応じて、この処置を2~3回行います。
子宮口の開大を確認した後、手術室にて薬剤により陣痛を誘発します。

陣痛開始後数時間はかなり強い痛みを感じます。ご希望で無痛法を選択できます(費用別途)。

娩出時は全身麻酔で手術を行います。眠っている間に手術を行いますので痛みはありません。
ただし術後に子宮の収縮に伴う生理痛様の痛みが出る場合があるので、その際は痛み止めのお薬を使います。
また麻酔の影響の吐き気・おう吐も少なくなるよう工夫しています。

Step4 退院まで

術後は、子宮の回復および出血の状態を確認するため、数日入院して様子を観察します。
手術翌朝、全身状態および子宮の回復、出血の状態を確認します。週数により乳汁分泌があり、乳房ケアが必要になる場合があります。
※入院日数は、妊娠週数や処置、娩出に要する時間、乳房の状態により変わります。

Step5 経過診察

退院後は1週間以内に受診していただき、術後の状態を確認します。
術後は基礎体温の測定をお願いし、ご希望の方には子宮やホルモンバランスの安定を待ち、子宮内避妊器具挿入や低用量ピルを処方します。

術後ケア・避妊相談

術後は子宮や卵巣の状態を確認するためのチェックを行います。
また、ホルモンバランスの不調が起こらないよう精神的身体的フォローを十分に行います。
そして私たちが切に願うことは、再び継続できない妊娠を繰り返さないことです。

そのためには避妊に対する知識をしっかりと持たなければなりません。
ご希望の方にはしっかり指導をさせていただき、また子宮内避妊器具(IUD)や低用量ピルなど避妊に対するフォローもさせていただきます。

同意について

人工妊娠中絶手術を行う場合には、本人および配偶者(パートナー)の同意が必要となります。
手術前に必ずお二人のサインがある同意書を提出していただきます。同意書がない場合、原則的に手術はできません。

結婚している方:必ずご主人の同意が必要
結婚していない方:必ずパートナーの同意が必要

※以下の様な事情がある方はご相談ください。
離婚後に妊娠が発覚した
相手が誰かわからない
相手の行方がわからない
相手が海外にいるため同意書が作成できない

当院では高校生以下の未成年の方が手術を受ける場合、保護者の方の了解が必要です。
大学生または就業している方の場合はご本人および相手の方の同意で結構です。
母体保護法第14条第1項第2号による場合は必ず事前にご相談ください。

入院中の面会について

人工妊娠中絶手術入院中の面会については厳格な規制があり、原則的に配偶者またはパートナーの方、保護者のみとなります。

ご本人より強い要望がある方についてはこの限りではありませんが、その場合はお一人のみとさせていただきます。

上記以外の方がいらっしゃった場合は面会をお断りさせていただきます。
また、ご本人が面会を希望されない場合はどなたの面会もお断りさせていただきますのでご了承ください。
面会可能な方は当院で登録し、登録外の方は受付でお断りいたします。